坂本龍馬.com

坂本龍馬の群像を追いかけるサイト。幕末の英雄、坂本龍馬のゆかりの地や、名言、歴史について追っていきます。

坂本龍馬の家紋は? 組あい角に桔梗紋!

time 2016/11/24

坂本龍馬の家紋は? 組あい角に桔梗紋!

坂本龍馬の家紋は組あい角に桔梗紋(くみあわせかくにききょうもん)です。
この家紋が坂本家で確認できるようになったのは、坂本家6代目兼才谷屋3代目の坂本八郎兵衛直益の死後13年後に作られた、妻のさわのお墓からです。坂本家は直益のが郷士の株を買い、直益の長男・直海が才谷屋から分家して武家坂本家が生まれます。時期を考えると武家の坂本家ができたあたりからと考えるのが妥当でしょう。

坂本家家紋
それまでの直益までは丸に田紋を用いていました。
桔梗といえば、明智光秀が浮かびますが、坂本家でもそれにまつわるエピソードが残っています。

龍馬は明智光秀の血縁者?

坂本家の始祖といわれている太郎五郎が残した言い伝えがあります。坂本家では口伝だったようです。光秀の従兄弟である近江国坂本主の明智左馬之助光春が落城した際に、長宗我部元親を頼り、土佐にくだったといわれています。その際に生まれたのが、坂本太郎だったという伝説として伝えられました。これも龍馬の代でも話されていたようで、明治16年に坂崎紫瀾の「汗血千里駒」の小説でも語られています。

実際は坂本太郎は土佐藩才谷村に京都から移り住み。農業を営んでいたという説が濃厚です。

down

コメントする